物忘れ外来の医師は専門資格を持っている

物忘れ外来の医師は専門資格を持っている

 

 

物覚えが悪くなったり物忘れの頻度が増えたと感じた時に、もしかして認知症かもという心配が頭の片隅をよぎったら、念のために専門医の診断を受けてみるとよいでしょう。

 

認知症の診断は神経内科などで受けられますが、医療機関によっては物忘れ外来という専門的な診療科を設置しています。物忘れ外来の特徴は、専門医の資格を持った医師が在籍している点にあります。専門の資格とは、日本老年精神医学会もしくは日本認知症学会において修得出来るものです。医師の国家資格に加えて物忘れに対する専門的な知識を持っているため、高い診断能力が期待出来ます。物忘れ外来を設置していても、日本認知症学会などから資格を取得していない医師が診療を行っていることもあるので、確実な診断を受けるには資格の有無を確認した方がよいでしょう。

 

物忘れ外来の初診は、他の医療機関と同様に問診から行います。患者の症状や状態を出来るだけ細かくチェックして、病気の診断を行います。物忘れには単なる加齢によるものと脳の病気が原因のものがあるので、問診には正直に答えることです。

 

問診では病院を受診するに至った動機や日常生活の状況などが聞かれます。また物忘れがひどくなった時期や言動に変化が起こった時期などの確認も行います。病院での状態が必ずしも日常の状態と同じとは限りません。医師が必要な情報は病気が始まった時期やきっかけです。物忘れの原因は認知症ばかりではなく、うつ病や精神疾患、他の疾患で服用している薬の副作用などでも起こります。出来るだけ正確な情報を伝えるには、身近で接することの多い家族の情報が重要です。診察に付き添う時には、あらかじめ状態を整理しておくと説明しやすいですし、医師も患者の状態をより正確に把握出来ます。

こちらも読まれてます♪

 

物忘れに効く薬が登場!おすすめ3選