加齢による物忘れは怖くない

加齢による物忘れは怖くない

 

 

年齢を重ねるにしたがって物忘れをする頻度が増えます。年齢を重ねると体のあちこちに老化現象が現れ始めます。加齢によって脳細胞の減少が始まると、記憶領域も少なくなって覚えられる事が限定されます。

 

老化現象は20代から少しずつ始まって、物忘れの頻度が多いと実感するようになるのは中年期以降です。認知症を発症する年代とも重なるため、物忘れなのか認知症なのか不安を感じる人は多いです。物忘れには加齢が原因のものだけでなく、脳細胞や脳神経の病気によっても発症します。認知症は高齢者に特有の症状という見方もあり、話のつじつまが合わなくても家族は高齢だからと見逃すケースは多いです。単なる物忘れなのか認知症などの病気の可能性があるのかは、物忘れ外来、神経内科、脳神経外科など受診するとはっきり出来ます。

 

例えば加齢による物忘れとは、友達と会う約束をしたけど待ち合わせの時間を忘れた、面識のある人と出会った時に名前を度忘れしたとっいたことが相当します。とっさに名前が出てこなくても、後から思い出すことも少なくありません。認知症の特徴的な症状は、朝食後に食事をしたかどうかを忘れる、面識のある人なのに未知の人と感じるなどです。スムーズに会話が整理することがあると本人は気が付かないことも多いです。

 

物忘れは誰にでもあることですが、歳だからとあきらめる必要はありません。食生活を見直して血流をサラサラにすれば、血行が改善出来ます。料理をすることも脳細胞の活性化に効果があります。手順や味付けを考えながら作るので脳細胞の刺激になります。映画鑑賞、読書、絵画鑑賞などで心や視覚に刺激を与えることも脳を活性化させます。物忘れ予防や改善に効果のあるサプリメントも併用すれば、加齢による物忘れに対する心配をさらに軽減しやすくなります。

こちらも読まれてます♪

 

物忘れに効く薬が登場!おすすめ3選