ブロッコリーは物忘れ対策にも効果的

ブロッコリーは物忘れ対策にも効果的

 

 

ブロッコリーは栄養素の豊富な緑黄色野菜のひとつです。若芽のスルフォラファンは肝臓に蓄積した脂肪を軽減する効果があることからダイエットに有効と注目されています。成長した株には抗酸化作用のあるビタミンA・C・E、ビタミンB群、ミネラル分栄養が豊富です。

 

脳は大量に酸素を消費する器官なので、活性酸素を発生しやすい特徴があります。活性酸素は体に錆を生じさせ老化の原因になります。ケアをせずに放置すれば顔にはシワが出来やすくなりますし、体内では動脈硬化を起こしやすくなります。動脈硬化は血管だけでなく脳にもダメージを与えるのので、抗酸化物質を積極的に摂取してケアをする必要があります。

 

また脳にブドウ糖が不足すると、神経伝達物質が生成されにくくなり物忘れしやすくなります。ブドウ糖から神経伝達物質を生成しやすくするにはビタミンB群やミネラルのサポートが必要です。ブロッコリーにはビタミンB群が豊富に含まれているので、神経伝達物質を効率よく生成でき、物忘れの予防対策にも優れた効果を発揮します。

 

神経伝達物質のなかでもアセチルコリンが不足しているのは、単なる物忘れではなくアルツハイマー型認知症の特徴です。アセチルコリンの生成にはブロッコリーにも多く含まれているビタミンBが必要です。ブロッコリーは様々な脳の状態を改善するのに有効な栄養分が補える優れた野菜と言えます。

 

本来は冬野菜ですが、最近は通年を通して購入出来ます。栄養素として含まれるビタミンは水溶性も脂溶性もあります。短時間で蒸してオリーブオイルで食べるかポトフやシチューの具材に入れれば、スープからは水溶性のビタミン、具材からはその他の栄養分を効率よく摂取出来ます。

こちらも読まれてます♪

 

物忘れに効く薬が登場!おすすめ3選