物忘れ防止に効果のある食べ物

物忘れ防止に効果のある食べ物

 

 

物忘れをするのは脳に栄養が不足しているせいかもしれません。脳では常にブドウ糖が消費されています。たとえば炭水化物や糖をシャットアウトするダイエットを長期間実施していると、通常は炭水化物が代謝して作られるブドウ糖が作られません。脳の働きに必要なブドウ糖が不足すれば、血流が滞って物忘れなどの弊害が生じます。

 

物忘れ防止効果のある食べ物の筆頭は炭水化物や糖質です。少なくとも朝食には主食は抜かないことが大切で、白米でもパンでも麺でも炭水化物を積極的に食べるようにします。出来れば1日に必要なブドウ糖の1/4を摂取出来れば、朝から仕事や勉強の能率が上がります。どうしても食べる時間がない場合にはチョコレートで代用出来ます。カカオ分70%以上にすれば活性酸素の除去効果のあるポリフェノールも多く含まれているので、脳の活性酸素を除去して物忘れ防止になります。

 

また青魚も物忘れ防止に効果のある食べ物です。青魚にはオメガ3脂肪酸のDHAやEPAが多く含まれていて、脳の神経伝達物質のスムーズな働きをサポートします。血液中の中性脂肪やコレステロールをコントロールしてサラサラの血液にする働きが脳の血流を改善させるので、アルツハイマー型認知症や加齢による物忘れの予防に有効です。

 

青魚にはマグロもありますが、アジ・イワシ・サバなど庶民的な魚が多いので頻繁に食卓に乗せることが出来ます。刺身、焼き魚、煮魚、揚げ物など調理方法に限定はないので、調理方法に工夫をすると飽きずに食べられます。

 

脳にはビタミンB群も必要の栄養素です。ビタミンB群は脳の働きを正常に維持する効果があり、神経伝達物質の生成をサポートします。中でも脳の働きに重要役割を持っているのはビタミンB1で、豚肉やウナギ、ナッツ類に含まれています。ブロッコリーもビタミンB群が多く含まれています。肉や魚だけでなく、ブロッコリーをはじめとした野菜もまんべんなく食べるとよいでしょう。

こちらも読まれてます♪

 

物忘れに効く薬が登場!おすすめ3選