物忘れに効く薬ならアレに決まり!効果的な飲み方など徹底解説!

物忘れに効く薬が登場!

「物忘れ」は年齢とともに誰にでもみられるため、不安になりますね。物忘れは、年齢による影響ストレスによる影響更年期による影響などがあります。

 

いずれにしても、脳の神経ネットワークの情報のやりとりの機能低下によって起こります。

 

そんな症状に効く薬が、遠志(オンジ)という漢方。イトヒメハギの根を乾燥させた生薬です。神経を安らかにして頭脳を明晰にする効果があると、漢方210処方生薬解説にも明記されています。

 

中年期以降の物忘れの改善薬として、2015年にその有効成分が認められたお薬です。通常2〜3ヶ月程度の継続で効果が現れてきますので、飲み忘れることなく続けることが大切。

 

お薬カレンダーを使うのもオススメ。また、定期購入なら買い忘れも防げますね。当サイトでは、物忘れに効く薬をコスパにてランキング。ぜひ参考にしてください。

 

物忘れに効く薬おすすめ3選

キノウケアの特徴

物忘れに飲んで効く改善薬です。効果効能が認められているオンジを配合した医薬品。物忘れ改善の効果を考えて、オンジだけの単体処方です。脳の記憶機能へ働いて、若々しい脳と記憶を保ってくれます。1回1包、1日3回、食間または食前に服用。定期購入は初回特別価格3,542円(税込)、2回目以降も割引価格。1日あたり118円でコスパも◎。購入前には専任スタッフ、購入後には薬剤師のサポートがあり安心です。第3類医薬品。

価格 3,542円
評価 評価5
備考 1回1包、1日3回 1日あたり118円

 

キオグッドの特徴

記憶力が落ちたと感じる方の物忘れに効くお薬です。生薬オンジから抽出し配合した医薬品です。記憶のメカニズムに働きかけて活性化してくれるので、落ちた記憶力を改善します。飲みやすさを考えた顆粒タイプ。1回1包、1日3回、食間または食前に服用。希望小売価格は30包入り1,800円(税別)。1日あたり180円でコスパは○。第3類医薬品。

価格 1,800円
評価 評価4
備考 1回1包、1日3回

 

オンジエキス顆粒の特徴

ちょっとしたことが思い出せなくなったという方のお薬です。心を落ち着ける作用、記憶機能を改善する作用のある、生薬オンジを使っています。1回1包、1日3回、食間または食前に服用。まずは1ヶ月程度をめやすに、継続をオススメします。希望小売価格は24包入り1,600円(税別)。1日あたり200円。第3類医薬品。

価格 1,600円
評価 評価3
備考 1回1包、1日3回

 

物忘れに効く薬の成分は?

 

物忘れが激しくてお悩みの方はいらっしゃいませんか?そのような方は、物忘れに効果的な薬の成分を知っておくといいでしょう。薬の中には最近記憶力が落ちてしまった、物忘れが激しくなってきたという方のために有効なものがあります。

 

●物忘れによく効く薬「キオグッドR顆粒」

 

ロート製薬で出しているお薬です。
<商品の特徴>
・記憶力回復
・年齢と共に衰えてくる物忘れを改善してくれる
・中年期以降の物忘れを改善していく
・年齢に負けず、前向きな生活を送るサポートをしてくれる
・生薬である「オンジ」からエキスを抽出して配合した医薬品
・顆粒タイプで飲みやすくしている

 

キオグッドR顆粒は新効能の医薬品です。生活習慣や高齢化に伴い、物忘れを克服するための薬が注目されています。その有効成分の一つとして「オンジ」を有効成分とした医薬品には、「中年期以降の物忘れの改善」という効果が認められています。

 

●オンジという成分が物忘れによく効く

 

オンジは中高年に多い物忘れを回復させてくれる成分として注目されています。イトヒメハギの根の部分がオンジであり、精神を安らかにしてくれる作用もあり健忘にも適しています。

 

●漢方が物忘れに効く!

 

薬だけでなく漢方も物忘れ改善に役立ちます。加齢や虚弱体質、慢性疾患が起因して血行不全になってしまう事で、認知機能の一つである記憶力が低下してしまいます。しかし漢方が必要な血液を補ってくれ、循環を改善してくれると考えられるので、記憶力向上が見込めるのです。

 

●中高年の6割以上が物忘れを自覚している

 

40代以上から物忘れの自覚症状が加速しやすくなってきます。そして50代以上になると、その6割以上がこのままではいけない、何とかしたいと思いつつ実質的に何も出来ずにいるのです。放置しておくよりも漢方や薬を活用してみるのもおすすめです。

物忘れの薬の飲み方

 

若い頃はまだ頭も働くので、薬の飲み忘れもほとんどなく、正しい用法で使っていくことが出来るでしょう。しかし中高年〜高齢になってくると、物忘れが激しくなってしまい、薬を飲むことすら抜けてしまう事や正しく薬を飲むことが難しくなってしまう事もあるでしょう。特に高齢者の場合、単純に飲み忘れてしまうだけでなく、飲み違いなども多発する恐れがあります。物忘れを克服するための薬を飲むことまで忘れてしまっては意味がありませんよね…。そもそも物忘れの薬の正しい飲み方とはどのようなものなのでしょうか?ご説明していきましょう。

 

●高齢者は飲み忘れが多い!

 

高齢者は糖尿病や高血圧の治療のために複数の薬を内服する事も珍しくなく、視力や脳の働きも衰えてくるために、薬の自己管理が徹底出来ない場合があります。さらに認知症を患ってしまうと記憶力も低下してしまい、薬を飲み忘れてしまうだけでなく、薬の存在自体忘れてしまう事もあるでしょう。

 

●一度に飲む薬は一括管理しておく

 

一回に飲む量が多い場合は、一回で飲む分の薬を同じ袋に入れて一元管理する方法がおすすめです。高齢者は薬の種類が増えていく傾向にあり、いつ何を飲めばいいのか、管理が自分ではしきれなくなってしまう可能性があります。また認知症の方はどの薬を飲めばいいのか判断する力も衰えてしまうので、同じ薬をダブって飲んでしまうリスクもあります。あるいは朝に飲む分を飲み忘れてしまい、あるいは他の種類の薬と飲み間違えてしまう事もあるでしょう。このような恐れを未然に防ぐためにも一元管理をおすすすめします。一包化する事によってご本人も薬の管理はシンプルになるでしょう。

 

●2〜3回飲み忘れても大丈夫!

 

万が一物忘れの薬を2〜3回服用しなかったとしてもほとんど心配はないでしょう。生命を左右するような特別の薬ではないからです。ただし何度も飲み忘れが続けば、物忘れの治療にも影響が出てきてしまいます。メモや電話で確認するのもいいですが、気軽にご自分で出来る事と言えば「お薬カレンダー」でしょう。

 

物忘れ薬の市販薬は?

 

最近物忘れが激しいなと感じている人は、物忘れの市販薬を買ってケアする方法もあります。しかし市販でも物忘れの薬はちゃんと買えるのでしょうか。

 

●イチョウ葉エキスのサプリメントがおすすめ

 

物忘れに効くサプリメントの中で有名と言えば「イチョウ葉エキス」が挙げられます。あるいは
・ナットウキナーゼ
・アスタキサンチン
・レスベラトロール
・α-リポ酸
・DHA
・EPA
などが挙げられます。全て抗酸化作用のある食品なのでアンチエイジングにぴったりです。イチョウ葉エキスのサプリメントが物忘れにいいと言われているのは、フラボノイドとテルペンラクトンという成分が脳の血行を改善してくれ、記憶力低下や集中力を改善してくれるからです。実際にアルツハイマー関連の臨床試験にも多く使われています。

 

●DHA・EPA

 

魚に多く含まれる成分です。脳の神経組織を発達させる、脳の機能を維持する働きがあります。

 

●アスタキサンチン
植物由来の天然赤色色素のカロテノイドの事です。
・カニ
・エビ
・鯛
・カエル
といった生物は、アスタキサンチンを含むエサを多く取りこんでいるため体が赤いのです。抗酸化作用が非常に高く、目のピントをコントロールしてくれる働きもあるので、ブルーベリーなどの眼用のサプリメントとしても使われています。

 

●α-リポ酸

 

αリポ酸とは「チオクト酸」と呼ばれる物質であり、細胞のミトコンドリア中に存在し補酵素としても働いています。強力な抗酸化作用があり、老化防止にもなるでしょう。

 

●ナットウキナーゼ

 

ナットウキナーゼとは、血管壁にできる血栓を排除し、血液の流れをサラサラにしてくれます。近年はアルツハイマー脳の活性に関連があるという報告もあります。

 

●レスベラトロール

 

ぶどうや赤ワインなどのフルーツに含まれるポリフェノールの一つです。血管拡張反応を改善してくれ、動脈硬化や脳の血液量を増加させてくれ、認知症予防としても効果的です。

 

物忘れの薬に副作用はない?

 

物忘れを克服しようとして薬を使ったのはいいものの、副作用が出てしまった…というのでは困ってしまいますよね。物忘れ用の薬には何か副作用のリスクがあるのかご説明していきましょう。

 

 

薬による副作用のリスクが高いと言えば、75歳以上のお年寄りや要介護状態の高齢者の方を指しています。75歳未満で要介護状態に至らないまでも、筋力低下や認知機能障害などの問題を抱えた人たちが対象です。高齢になってくると薬の代謝にも時間がかかってしまい、薬の効能が効きすぎてしまう事で副作用が強く出る恐れがあります。排尿障害の薬やアレルギーの薬、医薬などもあります。また糖尿病の薬で血糖値が下がり過ぎてしまうと、
・手が震える
・冷や汗
・思考力低下
・動悸
などの症状が発生する恐れもあります。

 

●薬を服用する時の注意点

 

75歳以上で薬を使っている人の中には、一か月で7種類以上もの薬を処方してもらっている人もいて、その割合は26%にも上ります。薬が6種類以上になってくると副作用を引き起こす割合が最大15%にまで上がってしまうので、薬は出来る限り多くても5種類までという目安にしてみるといいでしょう。薬が多いと次のような副作用が出てしまう恐れがあります。
・鬱
・転倒
・食欲不振
・ふらつき
・排尿障害
・便秘
身体的な副作用だけでなく鬱や譫妄など精神的な作用もあるので、認知症と誤解される事もあります。便秘や食欲不振は日常生活にも影響してくる事なので、薬の副作用だとなかなか気付かないこともあるでしょう。

 

●まとめ

 

高齢者は薬が効きすぎてしまう事があるので、薬の種類が多すぎると感じた場合には、医師との相談のもと減らせるよう工夫してみるといいでしょう。高齢の患者さんほど薬がないと不安になりやすい傾向にありますが、むやみやたらに薬に頼らないようにしましょう。

 

物忘れを放置するとどうなるの?

 

人の名前や顔をついど忘れしまう事ってありますよね。若い頃はまだ少なくても年齢を重ねれば重ねるほど物忘れが激しくなってきたという方も多いでしょう。物忘れを放置してしまっていると、ゆくゆくは認知症になってしまう恐れがあります。

 

●放置している人はアルツハイマー予備軍?

 

物忘れが病的に激しい人の中には「アルツハイマー型認知症」の方もいますが、予備軍になっている人はたくさんいます。物忘れがひどいながらも放置してしまっている人です。現段階で物忘れがひどいと感じているのであれば、早めに専門医の診察を受けてみるといいでしょう。あなたの物忘れが激しいのはあなた自身の問題ではなく、ご家族にも迷惑がかかる事になるので、家族全体の問題でもあるのです。

 

●物忘れにも2種類ある

 

物忘れが激しいといっても、その物忘れには二つの種類があります。病的な物忘れと生理的な物忘れの二つです。生理的な物忘れの方が自然で安全と思うかもしれませんが、この二つは単に物忘れのレベルが異なるだけであり、どちらも脳が衰えている事を知らせるサインであるには変わりありません。物忘れ対策しなければ、認知症と診断されてしまう事もあるでしょう。

 

●病的でも生理的な物忘れでも放置していては危険

 

病的な物忘れは誰が見ていても心配で危険ですが、生理的な物忘れなら放置していていいというわけではありません。病的な物忘れより軽く考えられてしまいがちな生理的な物忘れも、そのまま繰り返していると軽度の認知症になってしまう事があります。

 

●まとめ

 

物忘れといっても人によってその段階はそれぞれで違います。しかしどんなレベルの物忘れにせよ、物忘れが激しい時点で脳に何らかの支障が出ている証拠となります。それは年齢による老化現象の場合もありますし、うつ病などが発端となって脳の機能が低下している可能性もあります。このまま物忘れを放置していると、アルツハイマーや認知症と断定されてしまう事もあるので、放置しないように気をつけましょう。

更新履歴